千羽鶴を折る習慣は、外国にもある?

「鶴は千年、亀は万年」と言われ、長寿の象徴であることから、一羽一羽鶴を折るたびに寿命が延びると考えられ、日本で始まった千羽鶴ですが、1958年(昭和33年)、原爆症と闘いながら、回復を願って千羽鶴を折り続けて亡くなった広島の中学生、佐々木禎子(ささき さだこ、1943年 – 1955年)さんを偲(しの)び、広島に「原爆の子の像」が建てられました。

「原爆の子の像」の周囲には、常に千羽鶴が絶えず、千羽鶴は、ここ広島から世界中に広がっていきました。

千羽鶴

写真は、こちらからお借りしました。

ちなみに、近年千羽鶴に用いる折り鶴は、首の部分を折らない方がよいという説が流れています。
これは、「首を折る→不吉」の連想と思われますが、宗教的にも民俗学的にも根拠はありません。最後まで、きちんと折るのが正しいスタイルと言えます。

参考にしたサイト
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E7%BE%BD%E9%B6%B4

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*