働きアリは意外と怠け者?

アリとキリギリス イソップ
写真は、こちらからお借りしました。

「働きアリ」と聞くと、その名前から、いかにも1日中休まず働く、”働き者”のアリをイメージします。
イソップの寓話(ぐうわ)・「アリとキリギリス」の中でも、働きアリは怠け者のキリギリスを横目に、せっせと働きます。

しかしながら、この働きアリは、どうも全員がまじめに働いているとは限らないようです。

北海道大学大学院農学研究科の調査グループによると、働きアリの中には仕事をしない怠け者が存在するといいます。

働きアリの主な仕事は、エサの採取(さいしゅ)、卵や女王アリのグルーミング(猫でいうところの毛づくろい)、ゴミ捨てなどで、通常は休まず働いています。

が、この調査グループが、アリを5か月間観察したところ、全体のおよそ2割に当たるアリは、上に述べた仕事を一切せずに、巣の中をウロチョロしたり、自分自身をグルーミングするだけだったといいます。

また、これら2割のアリは、食事に関しても、自分で食べずに、他のアリが持ってきたものを口移しでもらうという、いわばニートのような存在だったというのです。

しかも、この怠け者のアリの割合は、調査した巣1つだけに当てはまるものではなく、すべての集団において同じで、しかも、怠け者のアリを排除(はいじょ)しても、今まで休まず働いていたアリが今度は怠け者に変わるだけで、この2割という数字はまったく変わらないというのです。

ともあれ、働きアリというのは、名前に反して、意外と怠け者のようです。

参考にしたサイト

働きアリの2割は怠け者!?【働きアリの法則】 | Ofee
http://ofee.tank.jp/ant/

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*