人間の心臓は、一生の間に約28億回拍動する?

心臓と 心電図

心臓は、左胸(正確には中央からわずか左寄り)に位置する臓器で、体全体に血液を送り出すポンプの役割を果たしています。

心臓の位置 中央 わずかに左寄り
写真は、こちらからお借りしました。

この心臓の大きさは握りこぶしほどで、重さは約200~300グラム。4つの部屋からできていて、右上の部屋を右心房(うしんぼう)、右下の部屋を右心室(うしんしつ)、左上の部屋を左心房(さしんぼう)、左下の部屋を左心室(さしんしつ)と呼んでいます。

さて、心臓は1分間に70~90回ほど、伸び縮みをすることで、毎分5リットルもの血液を前身に循環(じゅんかん)させています。

ということは、1日で約10万回、1年で約3650万回、1生の間に約28億回も拍動(はくどう)する計算になるのです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*