ローソンの看板に描かれたミルク缶の正体は?

ローソン

「ローソン」の看板には、青地に白のミルク缶マークが描かれています。

コンビニエンスストアなのに、一体何故「牛乳」なのでしょうか?

実は、ローソンの起源は、1939年、アメリカのオハイオ州にJ.J.ローソン氏が開いた「ミルクショップ・ローソン」という牛乳販売店でした。
このお店の新鮮でおいしい牛乳は大評判で、毎朝多くのお客が牛乳を買いにやってきたといいます。

そしてその後、ローソン氏はローソン・ミルク社を設立。
日用品を初めとする生活必需品の販売も開始し、アメリカ北東部を中心にチェーン展開を進めていきました。

「ローソン」というチェーン名はもちろん、看板に書かれたアメリカンファームを連想させるミルク缶のデザインも、このローソン氏の牛乳屋が発端(ほったん)となっているのです。

参考にしたサイト
ローソンの歴史|ローソン
http://www.lawson.co.jp/company/corporate/data/history/detail/

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*