リカちゃん人形の靴は、舐めると苦いって本当?

リカちゃん
写真は、こちらからお借りしました。

リカちゃん人形の歴史は長く、そもそも1967年に、当時流行していたアメリカ製のバービー人形に対抗して開発されたのが始まりです。

リカちゃん人形は、子供向けの人形として、長い間販売されています。
そのこともあって、ありとあらゆるトラブルに対応できるよう、幾度(いくど)も仕様が変更されています。

靴をはじめとした小物類もその例外ではありません。
たとえば、乳幼児が誤飲(ごいん)した場合に窒息(ちっそく)することがないよう、小さな部品には気道(きどう)を確保するための小さな穴が開けられています。

さらには、誤飲自体を防ぐように、無害な苦味成分が塗布(とふ)されているのです。

長い歴史をもつことで、小さな子供から大きなお友達まで、幅広いファン層をもつリカちゃん人形。
その対応力の広さには、大いに学ぶべきことがあるといえるでしょう。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*