マーガリンは、バターの代用品を公募して生まれたものだった?-マーガリン誕生秘話

マーガリンを 塗った パン

マーガリンが発明されたのは、ナポレオンのお蔭(かげ)です。
といっても、あの有名なナポレオン1世ではなく、2世のほうです。

当時のフランスは、ビスマルク率いるプロシアとの戦争の真っ最中で、物資が不足し、特にバターが欠乏していました。

フランス料理においては、大量のバターを使います。
「腹が減っては戦ができぬ」ということわざがありますが、おいしいものが食べられない状況は、士気(しき)の喪失(そうしつ)に直結します。

そこでナポレオンは、バターの代用食品の発明を公募(こうぼ)しました。
その結果、見事栄誉(えいよ)に輝いたのは、化学者メージュ・ムーリエでした。

彼が発明した代用食品は、牛脂(ぎゅうし)に牛乳を混ぜて乳化した単純なものでした。
が、当のムーリエは、自分の発明がたいそう気に入った様子で、”ギリシャ語で、「真珠のような」という意味をもつ言葉から、マーガリンと名づけたのです”。
きっと彼には、”真珠のように光輝く発明”という思い入れがあったのでしょう。

かくして、ムーリエによって発明・命名されたマーガリンですが、やはりバター特有の、口の中に入れたときにフワッ!とくる芳香や風味は出せません。
その秘密は牛の乳房にあると考えたムーリエは、マーガリンに、牛の乳腺(にゅうせん)をすりつぶしてドロドロにしたものを混ぜてみたりもしたそうです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*