マジックテープは、オナモミの実をヒントに生まれた?

オナモミ1

秋になると、植物は子孫を残すために、さまざまな方法で、たくさんの種子を飛び散らします。
その場に落とすだけのものから、自分ではじけて飛び散るもの、風に乗って遠くに飛んでいくもの、中には果実といっしょに鳥に食べさせてフンといっしょに落としてもらうものなど、実にさまざまなものがあります。

その中で、遊びにも使われる強力な「ひっつき虫」は、人の服や動物の体にくっついて運んでもらうチャッカリものです。
「ひっつき虫」というのは、ゴボウやオナモミなど、服などにくっつく植物の実や種の総称で、犬の散歩に出かけたときに、ズボンや犬の毛についていることもありますね。

オナモミの名前は、葉っぱをもんでつけると虫さされに効くというので、「生揉み(なもみ)」からつけられたといわれています。
この実を、子供の頃に友達と投げ合って、セーターなどにくっつけて遊んだ経験のある方も多いのではないでしょうか?

さて、カバンや靴などに使われているマジックテープは、このオナモミの仲間(ゴボウ)の実がヒントになって生まれたものです。
スイス人の発明家ジョルジュ・デ・メストラル(George de Mestral)が、1941年にアルプス登山をした際、自分の服や飼い犬の毛についた「引っつき虫」が、なかなか取れなかったというエピソードにヒントを得たそうです。

オナモミの実を双眼実体顕微鏡で見ると,かぎ針が立体的に見えます。

オナモミ1

オナモミ3

これでは、引っぱったくらいではなかなか取れないはずですね。

以下は、マジックテープを上から見たところです。

オナモミ4

こちらは、横から見たところ。

オナモミ5

かぎ針に似ていますね。
一体、どのように作っているのでしょうか?

これは、もともとループになっているのを、小さな刃でカットして作っています。

参考にしたサイト
服につく種子-TOSSインターネットランド
http://tes.starclick.ne.jp/lesson/s/hittuki/hittuki.htm

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*