ネクタイは、クロアチア兵が首に巻いた布が始まりだった?

ネクタイ

現在のネクタイの原型ができたのは、17世紀頃とされます。

国王に仕えるためにパリに訪れた際、クロアチアの傭兵(ようへい)がしていた格好が、ネクタイのルーツです。
彼らはみな、首に布を巻いており、その姿に興味をもった当時のパリ市民が真似し始めたのです。

ちなみに、1884年(明治17年)10月1日に小山梅吉が日本で始めてネクタイを生産したことを記念して、1971年(昭和46年)に、「日本ネクタイ組合連合会」が10月1日を「ネクタイの日」と定めました。
小山梅吉は帽子商で、ネクタイの国産第一号は蝶ネクタイだったといわれています。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*