トランプカード1組は、何故「13枚×4マーク」でできている?

トランプ

トランプの起源については、良く分かっていませんが、占いのタロットカードが変化してできたものと考えられています。

タロットカードは、インドや中東地区で発明され、中世ヨーロッパに伝わりました。
トランプの、「13」枚という数字の意味は、占いで使用されていたことに関係しています。

また、中世ヨーロッパには、4つの身分がありました。
細かく占いをするためには、占いを受ける人の身分も、分ける必要がありました。
トランプの「4」種類のマークは、”4つの社会構成のシンボル”を示しているのです。

それにしても、13というのは、西洋では不吉な数。
しかも、トランプは、この不吉な数がご丁寧にも4種類で1組となっています。
何故、このような縁起の悪い枚数のセットで構成されているのでしょうか?

その理由は、ズバリ、トランプが”1年を表わしているから”です!

えっ? それは一体どういうことなのでしょうか?

トランプの数字1~13を、すべて合計すると、

「1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 + 9 + 10 + 11 + 12 + 13 = 91」。

ですね。
そして、これが4種類あるので、

「91 × 4 = 364」

となります。

あれっ? 1年は365日。
1枚足りませんね?

でも、思い出して下さい。
トランプには、他に「ジョーカー」がありましたね。

「364 + 1 = 365」 で1年、というわけです。

でも…、1年は、いつも365日ではなく、1日多い「うるう年」というのもありますね?

ご安心下さい! そのために、トランプには「エキストラジョーカー」が用意されています。

「365 + 1 = 366」、これで完璧です!

さらに、

4種類 = 四季
1組52枚 = 1年が52週あること

をも示しているのです。

かように、トランプ1組が13枚×4マークになっているのには、深い意味があったのです。

ちなみに、トランプには、各種類J(ジャック)、Q(クイーン)、K(キング)と、3枚ずつ計12枚の絵札がありますね。
が、良く見ると、それぞれの顔の表情が、少しずつ違っています。
これは、デザインのモデルになった人が、それぞれいるからです。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

トランプの絵札の意外なモデルたちとは? | 雑学とトリビアの杜
http://www.zatsugaku-trivia.com/zatsugaku/トランプの絵札の意外なモデルたちとは?.html

なんと! トランプの絵札には、アレキサンダー大王、ダビデ王、カール大帝、シーザー、ラーンスロット…と、世界史を代表する、錚錚(そうそう)たるメンバーが勢ぞろいなのです!

これはもう、日本のお札に描かれた福沢諭吉や新渡戸稲造などの偉人たちも、真っ青になって逃げ出すほどの豪華(ごうか)さですね。

参考にしたサイト
トランプの意味って何?実は数字やマークにはこんな意味が… | ライフアップワン
http://life-up1.com/716.html

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*