ダイコンの「本当の色」は、実は透明だった?

ダイコン

私たちは、ダイコンの色を、白だと思い込んでいます。
もちろん、白く見えるのが普通なのですが、本当に”白”なのでしょうか?

実は、ダイコンの「本当の色」は、白ではないのです。

ダイコンを、鍋に入れて、コトコトと煮てみてください。
どうでしょう?
だんだんと色が薄れてきて、透き通ってくるのが分かります。
そうです。”ダイコンの本来の色は、白ではなくて、透明だった”のです。

それでは、何故白く見えるのでしょうか?

ダイコンには、無数の小さな孔(あな)があいており、そのひとつひとつの表面が、さらに無数のデコボコに覆(おお)われています。
この、ごく小さなデコボコに光が当たると、その光が乱反射して、私たちの目には白く見えるのです。

そして、これを煮込むと、水分が孔やデコボコの中の空気を押し出して、元の半透明の色に戻っていくのです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*