ジョセフィーヌがナポレオンにした復讐とは?

ナポレオン

女性の嫉妬は恐ろしいといわれますが、ナポレオンの皇后ジョセフィーヌには、以下のような話があります。

ある日のこと、ジョセフィーヌは、ナポレオンの愛人が、近く催されるパーティーのために、ダークグリーンのドレスをつくらせているという情報を得ました。
そこで彼女は、すぐさまこっそりと、そのパーティーの会場となる部屋の壁から調度品、カーテンにいたるまで、すべてのものをブルーに変えさせました。

そして、当日のこと。
ダークグリーンのドレスに身をつつんだ愛人は、ブルー一色の会場で、誰の目にもひどく趣味が悪く、見栄えのしない野暮ったい女に見えました。

これを見て、皇后はしてやったりとほくそ笑(え)んだのです。

これは、色の性質を巧みに使った、極めて効果的な演出でした。
ブルーとダ-クグリーンは、近い色同士のために、並んだときに、お互いの色がボケてしまうのです。
ジョセフィーヌ自身は、おそらくブルーの補色にあたる赤系統のドレスを身につけて現われ、彼女の姿はいっそう映えて見えたことでしょう。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*