シャチは、音楽を聴く「肥えた耳」をもっていた?

シャチのショー
シャチの ショー

海のギャングといわれるシャチ。
シャチは、海洋生物の中では最強とも言われ、映画の「ジョーズ」でお馴染みの怖いホオジロザメでさえ、シャチには敵わないそうです。

しかしながらこのシャチ、意外なことに、愛らしい一面ももっています。
なんと、音楽を聴く肥えた耳をもっているようなのです。

シャチは、イルカの仲間なので、感度が良い耳をもっていることは以前から分かっていましたが、シャチを長年見続けてきたカナダのある研究者の実験によれば、音楽に非常によいノリを見せるそうです。

まず、シャチにベートーベンのバイオリン協奏曲を聴かせたところ、それまで静かに泳いでいたシャチが、跳(は)ねたり、仰向けに泳いだり、口をパクパクさせたり、また尾ヒレを振ったり、曲のリズムに合わせて盛んに体を動かしたりしたそうです。

これは面白いということで、その研究者はシャチにいろいろな音楽を聴かせました。
すると、どんな曲にも、シャチはよく反応したのです。

ただ、同じ曲を続けてかけると、シャチはその曲を無視するようになりました。
つまり、シャチは、一度聴いた曲は覚えているのです。

海の中では、さまざまな音が聞こえます。
そのため、同じ曲の繰り返しでは単調すぎて反応しなくなるのではないかと、その研究者は考えています。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*