サッカーの監督が、ネクタイにスーツ姿なのは何故?

サッカー フットボール イメージ

サッカーの監督は、プレーの時にネクタイをして、スーツを着ています。
これは、何故なのでしょうか?

サッカー発祥(はっしょう)の地イングランドでは、競馬場と同様、競技場が社交の場となっており、監督が正装をすることは普通です。
これは、紳士のスポーツとしての礼儀といえます。

Jリーグにおいては、1994年(平成6年)の実行委員会で、「監督はジャケットにネクタイを着用すること」が申し合わせ事項として確認され、翌年のリーグから実行されています。

これは、プロリーグが発足(ほっそく)して、海外のチームを迎えることが多くなり、見苦しくないようにということから決まったものです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください