コペルニクスは、何故宗教裁判にかけられなかった?

地動説を唱えたガリレイ・ガリレイが宗教裁判にかけられたのに、何故同じ説を唱えたコペルニクスはかけられなかったのでしょうか?

ニコラウス・コペルニクス
ニコラウス・コペルニクス
写真は、こちらからお借りしました

その理由は、ずばりコペルニクスが、その学説が知られる前に死亡したためです。
天動説から地動説への転回を主張した、コペルニクスの「天体の回転について」は、それまでの宇宙観をひっくり返すほどの画期的な書物でしたが、その誕生の経緯はひっそりとしたものでした。

この本の原稿は、かなり早い時期(1530年頃)に出来上がっていたのですが、コペルニクスは今ひとつ出版への踏ん切りがつきませんでした。というのは、世にいわれるような教会からの圧力があったからではなく、コペルニクスの理論が観測結果とうまく合っていなかったからです。
むしろ、天動説の方が観測結果に細部まで合致していました。しかし、だからといって観測結果を曲げるわけにはいきません。

悩んだ末、コペルニクスが友人たちの強いすすめに押し切られる形で出版に合意したのは、1540年になってからのことです。そして、完成したその本がコペルニクスの元に届けられたのは、何とコペルニクスが亡くなったその日(1543年5月24日)でした!

参考にしたサイト
ガリレイが異端審問にかけられたのに、コペルニクスがかけられなかったのは、なぜ…- Yahoo! 知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q148802324

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*