コックさんの帽子は、何故あんなに高い?

18世紀の終わりのフランスに、天下の名シェフと呼ばれたアントン・カーレムというコックさんがいました。

ある日、彼のお店に来たお客さんの中に、王様のような背の高い白い山高帽をかぶっている人がいました。
それを見た彼は、その帽子がすっかり気に入ってしまい、早速調理場で、自分も同じようにかぶりだしたのがこの高い帽子の由来と言われています。

コックさんの帽子
コックさんの帽子
写真は、こちらからお借りしました。

その後、この帽子は料理人のシンボルとなり、日本では、帽子の高さが高いほど現場での地位が高いことを表しています。
例えば、料理長のかぶるものは最高35cmもあるそうです。

コックさんのあの高い帽子は、いわば料理人の気まぐれなおしゃれ心から生まれたのですね。

 

123This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*