クマのぬいぐるみ「テディーベア」のモデルは、アメリカの大統領?

クマのぬいぐるみ「テディーベア」のテディーというのは、国の発展期に示したリーダーシップと、カウボーイ的な男らしさでよく知られる、第26代アメリカ大統領セオドア・ルーズベルト(Theodore “Teddy” Roosevel)のことで、通称「テディ」と呼ばれていました。

セオドア・ルーズベルト

写真は、こちらからお借りしました。

彼は、趣味の狩猟に出かけたとき、傷を負った子グマを逃がしてやったことが話題となり、「テディベア」というぬいぐるみが作られました。

  

ちなみに、セオドア・ルーズベルトの誕生日である10月27日が、「テディベアの日」となっています。
これは、世界的な記念日ではありませんが、愛好家たちが記念日として設定しているものです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*