キラキラネームの元祖は、森鴎外だった?

赤ちゃんの 名前

赤ちゃんの名前ランキングは、時代とともに移り変わります。
が、中には一般常識とはおよそかけ離れた名前をつける人もいるそうです。
最近では、そのような名前を「キラキラネーム」「DQN(ドキュン)ネーム」などと呼ぶようです。

さて、今から100年以上も前に、元祖(がんそ)キラキラネームとでもいうべき名前を、自分の子供につけた父親がいました。
それは、明治の文豪(ぶんごう)・森鴎外(もりおうがい、本名:森 林太郎(もり りんたろう)、1862年 – 1922年)です。

森鴎外は、5人の子供に、西洋風の名前をつけました。
長男は於菟(おと、オットー)、長女は茉莉(まり、マリー)、次男は不律(ふりつ、フリッツ)、次女は杏奴(あんぬ、アンヌ)、三男は類(るい、ルイ)です。

これは、若い頃にドイツに留学した際、本名の「林太郎」が通じず難儀(なんぎ)した経験から、海外でも通用する名前を考えたのだといいます。

ちなみに、長男の於菟も、自分の子供に真章(まくす、マックス)、富(とむ、トム)、礼於(れお、レオ)、樊須(はんす、ハンス)、常治(じょうじ、ジョージ)と、これまた西洋風の名前をつけています。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*