カーナビは、もともと軍用に開発されたものだった?

カーナビ

車の現在位置や、目的地までのルートを示してくれる便利なカーナビ。
これさえあれば、土地鑑(とちかん)のない場所でも、安心して車を走らせることができます。

さて、このカーナビで、車の現在位置が分かるのは、GPS(Global Positioning Sysytem)のおかげです。
GPSは、もともとアメリカ軍が自軍の位置を知るために開発したシステムでした。
が、大韓航空機撃墜事件の発生後、民間機の安全な航行のために、非軍事的な用途でも使えるように開放されました。

このGPSは、約30個あるGPS衛星のうち、上空にある数個の衛星からの電波を受けて、受信時間のずれから各GPS衛星までの距離を計測し、三角測量の仕組みを利用して現在位置を割り出します。

そして、割り出された現在位置は、液晶モニターの地図上に表示されます。
この地図はカーナビ本体内部のメモリーに記録されているため、古い地図情報が記録されていると、表示に不都合が生じることもあります。

が、ここでひとつ疑問がわきます。
カーナビ搭載車が、トンネル内など、GPS衛星からの電波が届かない場所に入ってしまったらどうなるのでしょうか?

この問題を解決するのが、カーナビの高級機モデルに搭載(とうさい)されている、加速度センサーやジャイロセンサーです。
これらの装置が搭載されたモデルは、カーナビ自体が移動距離や進行方向を計算できるので、このような電波の届かない場所で威力(いりょく)を発揮します。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*