カレーを一晩寝かすと、おいしくなるのは何故?

カレー ライス

カレーは、明治時代に、当時インド亜大陸のほとんどを統治(とうち)していたイギリスから、イギリス料理として日本に伝わりました。
そして、これを元に改良されてできた日本のカレーライスは、今や「国民食」と呼ばれています。

さて、このカレーですが、作りたてよりも、一晩寝かせた方がおいしくなるとよくいわれます。
これは、何故なのでしょうか?

その理由は、3つあります。

ひとつ目は、具材(ぐざい)に含まれる糖質やたんぱく質、アミノ酸などの成分が絡(から)み合うことで、独特のコクが生まれるためです。
ふたつ目は、余熱でじっくりと加熱されることで、スパイスのトゲトゲしさが減り、全体的な味のバランスが整い、熟成された深い味わいになるためです。
みっつ目は、ジャガイモの澱粉(でんぷん)が溶け出すことで、カレーにとろみがつき、食べたときに舌の上に残りやすくなることも挙げられます。

その結果、カレーならではの味が、より強く感じられるようになるのです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*