アップル社のリンゴが欠けている理由は?

アップル

Mac、iPad、iPhoneなど、洗練されたデザインの商品で知られるアップル社。
そのロゴは、ご存知の通り「リンゴ」です。

これは、ニュートンがリンゴの木の下で万有引力を発見したという故事に由来しているのだといいます。

さて、このリンゴを良く見ると、右側が欠けたデザインになっています。
この理由には諸説あり、旧約聖書の「アダムとイブ」の禁じられた果実であるとか、「bite(かじる)」と「byte(単位のバイト)」をかけているなどともいわれています。

また、サクランボと間違えられないように、単純にデザイン上の理由でこのようになったという説もあります。

「単純なものに真実がある」という言葉があります。
してみると、このサクランボ説、意外と当たっているかも知れません。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*