ひき肉の成分分析に、DNA鑑定が使われているって本当?

DNA 鑑定

人間の血縁関係はもとより、最近では生物の祖先を調べたり、ウイルスの型を診断するときなどにも使われるDNA鑑定。
その活躍の場は、さらに広がっています。

さて、このDNA鑑定は、身近な食べ物の調査にも使用されていることをご存知でしょうか?

そのきっかけとなったのは、2007年に社会問題となった「食肉偽装事件(しょくにくぎそうじけん)」です。

この事件は、かつて北海道苫小牧市(ほっかいどうとまこまいし)に本社のあった食品加工卸売会社・ミートホープ株式会社が起こしたもので、この事件以後、農林水産省がひき肉のDNA分析を行ない、偽装肉防止に努めているのです。

ミートホープ本社苫小牧工場
ミートホープ本社 苫小牧工場
写真は、こちらからお借りしました。

この分析においては、まず、検体(けんたい)となる肉からDNAを採取(さいしゅ)します。
そして、やブタの塩基配列(えんきはいれつ)をもったDNA断片と試薬を加えます。
このようにすると、もしも同じ種類の肉であれば、DNAが増殖するため、何の肉かが分かるという仕組みです。

以前は、牛肉かブタ肉かなどの、大きな違いしか分かりませんでしたが、最近では、DNA鑑定の精度の向上により、産地の違いや品種の違いなども、ある程度分析できるようになったといいます。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*