え? 「名刺」は昔、本当に刺していた?

名刺

今や、ビジネスツールとして欠かせない存在である名刺。
その起源は、古代中国(20~280年頃)まで遡(さかのぼ)ります。

この時代の身分の高い人たちは、誰かの家を訪問するとき、当時はまだ紙が発明されていなかったため、自分の名前と用件を記入した竹片や木片を持参していました。
そして、相手が不在の場合には、これを門前の箱に刺していったとされます。

これが「刺(さし)」と呼ばれ、のちに名前を刺すところから「名刺」となり、その呼び名が日本に伝わりました。

日本の場合は、平安時代に、貴族が自分の姓名(せいめい)や官職名(かんしょくめい)などを記して提出した「名符(みょうぶ)」という札が起源とされています。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*