えっ? Yahoo!の原点は相撲にあった?-検索エンジンYahoo!と相撲の意外な関係

Yahoo!

大手インターネット検索エンジンとして知られる「Yahoo!」。
これを直訳すると、「ならず者」という意味になりますが、なんと、日本の国技である相撲と深い関係があるといいます。

「Yahoo!」は、スタンフォード大学電気工学科で学んでいたデビッド・ファイロ(David Filo)と楊致遠(ジェリー・ヤン)が、インターネットのサイトを整理するために、自分たちでよく使うURL(ユーアールエル)の住所録を作ったのが始まりでした。

創立者の楊致遠(左)とデビッド・ファイロ(右)
創立者の楊致遠(左)とデビッド・ファイロ(右)
写真は、こちらからお借りしました。

そして、1994年に、これを進化させたインターネット・データベースとして、提供を開始したのです。

当初、Yahoo!はジェリーの「曙(akebono)」という名の研究用ワークステーションに、検索エンジンはデビッドの「小錦(konishiki)」という名のコンピュータに置かれていたといいます。

実は、この2人は1年間京都に滞在していたことがあり、大の相撲ファンだったのです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*