えっ? 昔は石けんは「飲み薬」だった?

石けん

江戸時代には、石けんは既に一般家庭でも使われており、たらいで手を洗っていました。

しかしながらこの石けん、あくを小麦粉で固めたもので、まんじゅうを膨(ふく)らませるときにも使われていました。

現在使われている石けんのほうは、「しゃぼん」と呼ばれていましたが、舶来(はくらい)ものとして珍重(ちんちょう)され、とてもとても一般庶民の手に届くようなシロモノではありませんでした。

また、しゃぼんは洗剤というよりも薬として使われ、座薬(ざやく)として便秘に、飲み薬としてして黄疸(おうだん)、結石、胃痛などに用いられていたようです。

しゃぼんが日本に伝わったのは意外に古く、奈良時代と考えられています。
慶弔(けいちょう)17年(1612年)に、東大寺の宝の中に、「しゃぼん、一長持(ながもち)」と書かれているものが見つかっています。
長持とは、移動させるのに2人がかりという、大きな木製の箱のことです。
その箱がいっぱいになるほど、たくさんの「しゃぼん」を集めていたということでしょうか。

もっとも、これは蜜蝋(みつろう、=ハチの巣の成分)を指していたという説もあるようです。
が、「しゃぼん」という言葉が奈良時代に日本に入ってきた可能性は高いようです。

紀元前2000年頃のエジプトでは、現在と同じように、ソーダに油脂(ゆし)を混ぜる方法で石けんが作られていたそうです。
なので、もし石けんが奈良時代に日本に伝わっていたとしても、そう不思議ではありません。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*