「知られざる銀行の仕事 – お金のしくみ」とは?

お金

学校の授業では、銀行はお金が必要な企業(きぎょう)に貸しつけ、利子をつけて返させます。
そして、その利子の一部を預金者(よきんしゃ)に返すと習います。
これは真実です。
しかしながら、銀行の仕事のすべてではありません。

しかしてその実態は、本当に戦慄(せんりつ)すべき内容です。
簡単にいえば、銀行の金庫には、実はお金はありません。
人々の借金分、架空(かくう)のお金を作ることができる恐ろしいシステムなのです。

そんなバカなと思われる方、是非一度以下のビデオをご覧下さい。
知られざるお金のしくみと、その問題点が明らかにされています。

Money As Debt(日本語字幕版)(約47分)

「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。そうすれば、誰が法律を作ろうと、そんなことはどうでも良い。」
マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド(1790年の発言)

参考にしたサイト
フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
http://ja.wikibooks.org/wiki/%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6_%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E7%B5%8C%E6%B8%88%E3%81%AE%E4%BB%95%E7%B5%84%E3%81%BF_%E9%87%91%E8%9E%8D%E6%A9%9F%E9%96%A2%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E5%83%8D%E3%81%8D
みんな騙されてる、お金の仕組み~株の裏さんより http://blogs.yahoo.co.jp/y2001317/24839889.html
『お金システム』のインチキ。私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ
http://miruton.jugem.jp/?eid=577/

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*