「果糖ぶどう糖液糖」とは、どのようなもの?

果糖ぶどう糖液糖
写真は、こちらからお借りしました。

清涼飲料水などの原材料名に書いてある、「果糖ぶどう糖液糖」とは、どのようなものなのでしょうか?

まず、ぶどう糖は、トウモロコシやイモなどのでんぷんから分離した、甘味のある糖類の代表選手です。
そして、そのぶどう糖よりも甘いのが果糖で、これは果物に含まれているものですが、今はさまざまな技術を使うことにより、ぶどう糖を果糖に変えることができるようになり、飲料などの原料に広く使われています。

清涼飲料水を 飲む 少女

1980年(昭和55年)に日本農林規格(JAS)で、ぶどう糖を果糖に変えた異性化液糖(いせいかえきとう)のうち、果糖分が50%以上のものを「果糖ぶどう糖液糖」、50%以下のものを「ぶどう糖果糖液糖」と呼ぶことになりました。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*