「交霊術」の子供だましな仕掛けとは?

交霊術 霊との会話

交霊術(こうれいじゅつ)――これは、絶対にありえないとはいい切れないかも知れません。
しかしながら、巷(ちまた)で行なわれているもののほとんどは、ニセモノだといわれています。

交霊術 霊媒師

洋の東西を問わず、交霊術は昔から行なわれてきましたが、ほとんどがインチキとされています。
たとえば、欧米で昔よく使われた手法で、霊媒師(れいばいし)を囲んで全員が手をつなぎ、部屋の明かりを消す。
すると、誰も手を使えないはずなのに、部屋の中のものが飛んだり、動いたりする。
これは、呼び出した霊のしわざ、という術です。

しかしこの場合、霊媒師は自分の両隣りに座っている人の手をしだいに引き寄せて、ふたりの手を重ね合わせてしまいます。
そうしておいて、空いた自分の手を使って、物を投げたり、動かしたりするのです。

タネを知れば何のことはない、こんな簡単なトリックに、多くの人たちがだまされていたのです。

また、足の爪先(つまさき)に作り物の「霊の手」をくっつけておき、テーブルの下から出して人々をビックリさせる霊媒師もいました。
ほとんど子供だましでも、ある種神秘的な雰囲気の中では、簡単にだまされてしまうようです。

日本の交霊術では、霊媒師が事前に故人のまわりの話を聞いておき、霊が降りたといってから、その話を小出しにすることが多いです。
依頼者は、事前に話したことを忘れ、

「ああ、本当にあの人だ!」

と感動します。

これも、一種の神秘状態に置かれ、雰囲気にのまれてしまっているために、だまされてしまうのでしょう。

ともあれ、今のところ、交霊術は「信じる者は救われる」の世界といえそうです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*