「ゴキブリホイホイ」の原形は江戸時代にあった?

ゴキブリ 退治

家の中にいる害虫といえば、まず頭に浮かぶのはゴキブリですね。

ゴキブリを見ているだけで不快になるという方も多いかと思いますが、この憎きゴキブリを退治するために、今までいろいろな方法が考案され、商品化されています。

中でも、「ゴキブリホイホイ」のアイディアは、画期的なものでした。
が、実は既に江戸時代にこの原形があったのです。

ゴキブリは、江戸時代の頃は、「御器噛り(ごきかぶり)」と呼ばれていました。
この名は、食器(御器)をかじるということから名づけられたようです。

当時は、食器は木製のものがほとんどでしたが、食べ物のかすなどがついている食器をゴキブリがかじってしまうので、大変困っていました。

そこで、寺島良安(てらしまりょうあん)という医者は、「唐傘(からかさ)は油紙でできている。ゴキブリは油が好きだから、古い唐傘を細工して、ゴキブリが入ってきたら逃げられないようにすればよい」ということを考えついたといいます。

これは、江戸時代の書物『和漢三才図絵(わかんさんさいずえ)』の中に書かれている、当時としては最も進んだゴキブリ退治法です。

まさしく、「元祖、ゴキブリホイホイ」といった感じですね。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*