「こどもの日」は、母に感謝する日だった?

こどもの日 鯉のぼり

5月5日の「こどもの日」は、1948年(昭和23年)に制定された、国民の祝日のひとつです。

古くは「端午(たんご)の節句」として、武者(むしゃ)人形を飾ったり、鯉(こい)のぼりを立てたりと、男の子の元気な成長を願うお祭りとして祝(いわ)われていました。

「こどもの日」は、現在は男の子ばかりでなく、女の子も含めてお祝いする形になっていますが、実は、この祝日は子供だけが対象ではないのだといいます。

「国民の祝日に関する法律」第2条によれば、こどもの日は、

「こどもの人格(じんかく)を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」

と規定(きてい)されています。

つまり、「こどもの日」は、子どもを生んだ母親に感謝する日でもあるのです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*