ヤクルトの応援歌は、何故「東京音頭」なのか?

神宮球場

これには、古い歴史があります。
1960年代に遡(さかのぼ)りますが、当時、ヤクルトの最大私設応援団団長だった岡田正泰(おかだ まさやす、1931年4月8日 – 2002年7月30日)氏が突然歌い出したのが始まりです。

岡田氏は、チャキチャキの江戸っ子で、大のお祭り好きでした。
岡田氏は、自分の近所の友人や、幼馴染(おさななじ)みを誘ってヤクルトの応援に行っていたのですが、弱小球団(じゃくしょうきゅうだん)で人気も全然なかったヤクルトを少しでも盛り上げようと、「東京音頭」を歌い始めたのです。

東京音頭は、岡田氏のように東京の下町に住む方にとっては、小さい頃から馴染みのある曲(ヤクルトスワローズ以前にも大毎オリオンズの応援団が応援歌にしていた)でした。
友人たちも皆知っている曲だったので、この曲が歌われたようです。

その後、ヤクルトファンが増え、徐々に「東京音頭」が浸透(しんとう)していきますが、そんな中、ヤクルトが念願の初優勝を果たします。

これがきっかけで、応援歌に「東京音頭」が定着(ていしゃく)し、現在に至っているのです。

なお、岡田氏は東京音頭の他にも傘による応援など、現在のスワローズの応援スタイルを確立した方でもあります。
傘による応援はもともと、少ないファンをなるべく多く見せることが目的でした。

1990年代に入って、ヤクルトが優勝チームの常連になっても、岡田氏は「ファンを楽しませたい」という一心で明治神宮野球場に足を運び、声を嗄(か)らしてヤクルトを応援し続けました。
ヤクルトファンは、彼のことを尊敬の念をこめて「オヤジ」と呼び、今でもライトスタンドには、岡田氏の在りし日の写真とともに、お供え物や花などが飾られています。

参考にしたサイト
なぜヤクルトの応援歌は「東京音頭」なのですか? – Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1222382837
岡田正泰 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/岡田正泰

 

This entry was posted in バラエティー. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*