ズッキーニにはどんな栄養がある?

ズッキーニ

キュウリに似た野菜、ズッキーニ。
このズッキーは、イタリア料理のときに食べますが、どんな栄養があるのでしょうか?

ズッキーには、アメリカ南部、メキシコ原産で、キュウリと同じくウリ科の植物です。
ペポカボチャ族でつるなしカボチャの一種です。
ザクっとした独特の歯ごたえと、淡白(たんぱく)な味が特徴となっています。

栄養としては、ビタミンAとC、カロチンが豊富で、糖質、デンプンが少なく、低カロリーです。

ズッキーニは、以前はアメリカやオランダから輸入していましたが、近年では宮崎、愛媛、鳥取、長野、北海道などの国内で生産されています。

ズッキーニと トマト
写真は、こちらからお借りしました。

ちなみに、ズッキーニという名前は、イタリア語のカボチャ「zucca」からきています。

ズッキーニの原産地は、アメリカ南部やメキシコ。 16世紀頃にヨーロッパに伝わって栽培され、その後、19世紀後半にイタリアで改良されてズッキーニが誕生。
イタリア語のカボチャ「zucca」に、小さいを意味する接尾語がついて、小さいカボチャ「zucchina」という名前になったのです。

 

This entry was posted in バラエティー. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください