必見! バレずにおならを出すとっておきの方法とは?

おなら

デートの最中や、仕事で打ち合わせの席などで、おならが出そうになって困った経験はありませんか?

我慢するからガスはどんどんたまっていきますが、いきなりプッとするわけにはいきません。
さあ、大変。これでは、まるで爆発寸前のダイナマイトをかかえているようなもの。
こんなときは、どうすれば良いのでしょうか?

おならを我慢するときは、ガスをいったん出口付近まで下ろし、次に肛門をギュッと締め、お腹の奥のほうにしまい込むと良いです。
これで、1時間くらいは余裕でもつので、その間にトイレに駆け込む方策を練ることができます。

一方、音を出さずにおならをするコツというのもあります。
そもそも、おならの音というのは、ガスが放出されるときに、肛門が振動して出るのが原因。
そこで、ガスが出る瞬間に肛門をパッと開けてしまえば、音は出ません。
このやり方をすれば、『音無しのかまえ』で、相手に気づかれずにガスを抜くことができます。

が、この手法は訓練が必要で、初心者がやると、同時に”実”も出てしまうので要注意です。

なお、デート中に、喫茶店などでおならが出そうになったときは、外に出て、そばをクルマが通り過ぎる瞬間に出すと良いです。
これならば、クルマのエンジン音におならの音がかき消されるので、彼女にバレずにすみます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告