犬を賢く育てる本格的な方法は?

賢い 犬

犬には、種類によって、かなりの頭の良しあしがあります。

ポピュラーな種類でいえば、プードルは「学者犬」とも評されるくらいで、なかなか利口な犬です。

一方、ポメラニアンは、ちゃらんぽらんな性格で、厳しくしつけないと、いったんイタズラ癖(へき)がついてしまったら、目もあてられません。

また、ちゃんとなつかせるためには、生後45~60日くらいの犬を買ってくるのがベストです。
犬の場合、生後3ヶ月までを「子犬」、6ヶ月くらいまでを「幼犬」といいますが、少なくとも子犬のあいだにしつけはじめたいものです。

次に、オスかメスでいえば、小型犬を室内で飼う場合は、メスのほうが性格がおとなしくて飼いやすいです。
大型犬の場合は、どちらかといえばオスです。

犬の世界には、まだ男性社会の傾向が多分にあり、体力はオスが明らかに優れ、知力も比較的優秀なことが多いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告