普段よく飲むあのドリンクには、危険レベルの砂糖が入っている?

缶コーヒー ドリンク

世界保健機構(WHO)の指針によれば、砂糖摂取の適量(主食を除く)は成人1日あたり25グラム(ティースプーン6杯分)とされています。
ひとつの目安となるのは、板チョコ1枚(約27グラム)です。

25グラムと聞くと、きっとあなたは多いように感じるかも知れません。
しかし実は、日常的に飲んでいる飲み物だけでも、十分オーバーする量なのです。

たとえば、小さい缶コーヒーには11.2グラム、350mlの炭酸飲料には約40グラムもの砂糖が含まれているというのです。

イギリスの専門家グループ・「アクション・オン・シュガー」の2016年2月の報告によれば、同国の大通りにあるコーヒーショップにおけるホットのフレーバードリンクのうち98%が、摂取量を減らすべき「レッドレベル」の水準だったといいます。

また、日本にも出店しているコーヒーチェーンの、あるドリンクの砂糖の含有量(がんゆうりょう)を調査したところ、なんと、約100グラムもあったということです。

 

This entry was posted in お役立ち情報. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください