傘を長持ちさせる秘密兵器は「油」?

雨の多い季節になると必需品となる傘ですが、手入れを怠(おこた)って、寿命を縮めた方も多いのではないでしょうか。

傘

傘を長持ちさせるには、まず濡れたままで傘立てにしまっておかないことです。
これでは、骨の部分が錆(さ)びてしまいます。
雨が上がったときを見計らって、干すことが必要です。

干し方は、傘を広げて、取っ手の部分を下にした状態で陰干します。
日の当たる場所で干すと、布の部分が色褪(あ)せてしまう可能性があるからです。

そして、乾いたら、先端の骨が集まっている部分や、畳むときに折れる関節の部分にミシン油をさしてあげると、なお良いです。
こうすると、開き具合が良くなるばかりでなく、骨そのものが長持ちします。

また、このとき同時に、ミシン油をしみこませた布で、骨全体を軽く拭いてあげるとさらに良いでしょう。
ただし、くれぐれも油が布につかないように注意しましょう。

ちなみに、あまり使わないためにシワシワになってしまった傘は、布全体に霧吹きをかけてから陰干しすると、きれいにぴんとなります。

 

This entry was posted in お役立ち情報. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*