ヘタな字をごまかして、上手に見せるには?

署名 ヘタな字

結婚式やお葬式での署名など、字がヘタだと恥をかいてしまう場合があります。

が、ヘタな字でも、ちょっとした工夫と努力次第で、上手に見せる方法があります。

まず、文字を書くときは、漢字とひらがなの大きさに少し差をつけます。
漢字よりも、ひらがらをやや小さく書くようにします。
これだけで、少しはまともに見えるから不思議です。

次に、筆記用具ですが、万年筆やボールペンは使わないようにします。
このようなペン先の硬いものは、慣れないと書きにくいものです。
シャーペンや鉛筆など、やわらかめの芯をもつものを使った方が、キチンとした字を書きやすいです。

あとは、一字一字、ていねいに心を込めて書く、これだけです。
当然のことながら、一生懸命書いた結果のヘタな字と、投げやりに書いたヘタな字とでは、相手に与える印象がまるで違います。

 

This entry was posted in お役立ち情報. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*