スポーツドリンクが水分の吸収が速いというのは全くのウソだった?

スポーツドリンクを 持つ 女性

ポカリスエットなどのスポーツドリンクは、水分の吸収が速いというのを聞いたことがあると思います。
が、これは全くのウソでした。

強いていえば、一番水分の吸収が速いのは、単なる水です。
何故なら、腸では水分は浸透圧(しんとうあつ)という力を使って吸収されるからです。

浸透圧は、薄い方から濃い方へと水が移動していきます。
つまり、水分が薄ければ薄いほど、「塩水」の体液にしみ込みやすくなるのです。

ただ、実際には、体内に入った水分は、胃液や消化液などの「濃い」液体により、すぐに体液の濃度に近くなりますので、あまり違いはありません。
逆にいえば、「体の浸透圧に近い(アイソトニック)」や「低浸透圧(ハイポトニック)」と謳(うた)われたスポーツドリンクの水分が、体に吸収されるまでの速度への効果もないということになります。

それでは、運動中にスポーツドリンクを飲むのは意味がないのでしょうか?

水とスポーツドリンクの一番の違いは、水分の吸収速度ではなく、水分が体の中に留(とど)まる時間です。
単なる水だと、すぐに尿となってしまいますが、塩分を一緒に取ると体内に留まります。

したがって、「体内に留まる水分補給」のために、特にスポーツなどは汗で塩分も失われますので、塩分がふくまれたスポーツドリンクを飲んだ方が良いのです。

また、スポーツドリンクの濃度は、濃すぎず、薄すぎず、飲み味が良いという販売上の理由で設定されています。
医学上、最適かどうかということでつくられているわけではないのです。

実際、本当に水分を補給(ほきゅう)しなければならない状況下では、スポーツドリンクは、糖分が高すぎて塩分が少なすぎるのが問題といわれています。

ちなみに、薬を塩+砂糖から形成されたスポーツドリンクで飲むことは、全く問題ありません。
もしも問題があるのなら、たとえ真水で飲んでも、吸収された後、体内の塩分+糖分で問題となってしまうでしょう。

参考にしたサイト

ポカリで薬を飲むのは危険?| 教えて!goo
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/5036159.html

 

This entry was posted in お役立ち情報. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*