こげた魚を食べると本当にがんになる?-現実的には極めて低い可能性

焼き魚 こげ  がん

こげた魚や肉を食べるとがんになるという話は、誰しも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

これは、かつて国立がんセンターが作成した、「がんをふせぐ12カ条」というものの中に、食べ物の「こげた部分は避ける」というフレーズが入っていたことからも、その信憑性(しんぴょうせい)は高いといえます。

しかしながら、これは少々誇張(こちょう)が過ぎます。

確かに、肉や魚に含まれる焼けこげ物質をマウスに投与すると、肝臓がんになることが分かっています。
ただし、体重60kgの人ががんを発症するには、毎日1トン以上のこげを食べ続けなければならず、このことを考え合わせれば、現実的にがんになる可能性は極めて低いといえます。

 

This entry was posted in お役立ち情報. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*