えっ! 太陽活動が活発になると、病人が増える?

太陽 フレア

地球は、大きな磁石のようなもので、一定の磁気をもっています。
が、これが太陽によって乱されることがあります。

太陽の黒点は、大きな磁力をもっているので、この近くで爆発が起こると、地球の磁場(じば)が乱れ、特にひどく乱れることを”磁気嵐(じきあらし)”といいます。

そして、地磁気(ちじき、=磁気と磁場の総称)の乱れは、地球の磁場だけでなく人間の体にも影響を及ぼします。

それでは一体、どのような影響が出るのでしょうか?

まず、心拍数が乱れます。
このため、”心臓麻痺(しんぞうまひ)、心筋梗塞(しんきんこうそく)、高血圧など、心臓や血管に磁気をもっている人は悪化する恐れがあるのです”。
心筋梗塞の場合、地磁気が乱れた日に患者が増加することが、データではっきりと示されています。

ロシアの黒海沿岸のソチ市では、市営の太陽医学サービスで磁気嵐警報を発して、循環器(じゅんかんき)系の病気の患者に注意を促しているそうです。

そのほか、地磁気の乱れで緑内障(眼球の病気)、腎臓病、胃潰瘍(いかいよう)、癲癇(てんかん)、リウマチなども悪化することが分かっています。

さらに、精神活動においても、地磁気の乱れを含めた太陽活動に大きな影響を受けます。
総合失調症(旧・精神分裂症)の患者数も、太陽活動の周期によって増減するそうです。

 

This entry was posted in お役立ち情報. Bookmark the permalink.

2 Responses to えっ! 太陽活動が活発になると、病人が増える?

  1. さぶ智恵 says:


    私はリウマチを罹患し、緑内障も発症しています。初めて太陽との関係性を知り、どうしようもない事なのかなぁ、寛解はするが完治しない事を考えてしまいました。

  2. Super源さん says:


    さぶ智恵さん、はじめまして。( ^-^)/
    コメントありがとうございます。

    リウマチと緑内障は、何か関連性がありそうですね。
    また、薬害で併発する場合もあるようですね。

    緑内障とリュウマチ
    http://reverse.jisseki.net/2012/07/post-abb0.html
    自宅で出来るリウマチ回復法
    http://ryumati-tiryou.seesaa.net/article/365076833.html

    さて、太陽の磁気嵐は、自然現象なので防ぐことができず、確かにどうしようもありませんが、1年365日吹き荒れているわけでもありませんので、心配のしすぎも良くないかも知れません。

    この記事の趣旨は、思わぬところに病気や体調不良の原因があることを知っていただきたくて書いたものです。
    以前は、こんな記事も書きました。

    コーヒーを飲むと、腰痛になる? | 雑学とトリビアの杜
    http://www.zatsugaku-trivia.com/oyakudachi/%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%e3%82%92%e9%a3%b2%e3%82%80%e3%81%a8%e3%80%81%e8%85%b0%e7%97%9b%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%ef%bc%9f.html

    これも、言われないと、ちょっと気づかないのではないでしょうか?

    また、私自身の経験としては、歯科金属を除去したら視力が上がったというのがあります。
    これは、本当に驚きましたね。おお!(゚o゚)

    折を見て、またこのような記事を書きたいと思っています。
    が、今回は救いのない書き方になってしまったので、今後はこの点に気をつけたいと思います。【>< 】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*