えっ! 太陽活動が活発になると、病人が増える?

太陽 フレア

地球は、大きな磁石のようなもので、一定の磁気をもっています。
が、これが太陽によって乱されることがあります。

太陽の黒点は、大きな磁力をもっているので、この近くで爆発が起こると、地球の磁場(じば)が乱れ、特にひどく乱れることを”磁気嵐(じきあらし)”といいます。

そして、地磁気(ちじき、=磁気と磁場の総称)の乱れは、地球の磁場だけでなく人間の体にも影響を及ぼします。

それでは一体、どのような影響が出るのでしょうか?

まず、心拍数が乱れます。
このため、”心臓麻痺(しんぞうまひ)、心筋梗塞(しんきんこうそく)、高血圧など、心臓や血管に磁気をもっている人は悪化する恐れがあるのです”。
心筋梗塞の場合、地磁気が乱れた日に患者が増加することが、データではっきりと示されています。

ロシアの黒海沿岸のソチ市では、市営の太陽医学サービスで磁気嵐警報を発して、循環器(じゅんかんき)系の病気の患者に注意を促しているそうです。

そのほか、地磁気の乱れで緑内障(眼球の病気)、腎臓病、胃潰瘍(いかいよう)、癲癇(てんかん)、リウマチなども悪化することが分かっています。

さらに、精神活動においても、地磁気の乱れを含めた太陽活動に大きな影響を受けます。
総合失調症(旧・精神分裂症)の患者数も、太陽活動の周期によって増減するそうです。

 

123This entry was posted in お役立ち情報. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*