「ひとつまみ」「少々」は、それぞれどのくらいの量?

レシピを見る 女性

料理のレシピを見ると、調味料の量を、「大さじ1杯」「小さじ1杯」「1カップ」などと、計量器を使って示されていることがあります。
また、「塩ひとつまみ」「砂糖少々」というような記述も見られます。

このうち、「ひとつまみ」は、親指と人差し指と中指の3本の指でつまんだ分量で、小さじ1/4と同じくらい(1グラム弱)とされます。
また、「少々」は、親指と人差し指の2本の指でつまんだ分量で、小さじ1/8程度の分量が目安となります。

他には、「ひとにぎり」「ひとたらし」という記述もあります。

「ひとにぎり」は、人差し指から小指までの4本の指を閉じて、1度に軽くすくえる分量で、塩であればだいたい40~50グラム。
「ひとたらし」は、油などの入った容器を1秒ほど傾けて出る量(5ml程度)とされます。

 

This entry was posted in お役立ち情報. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*