相撲の「花道」の語源は?

力士が土俵に向かう通路を花道といいますが、何故「花道」なのでしょうか?

奈良時代や平安時代には、宮中で盛んに「節会(せつえ)」と呼ばれる相撲大会が行なわれていました。
この大会では、力士が東西に分かれて勝敗を競っていましたが、東方の力士はミツバアオイの花を、西方の力士は夕顔の花を頭にさして登場しました。
頭に花をつけた力士が通ったことから、この通路を花道と呼ぶようになりました。

sumou_no_hanamichi

参考にしたサイト
相撲の花道 – マックスウエブライフ
http://maxblog.mie1.net/e10050.html

 

This entry was posted in 語源・由来. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*