母親を「おふくろ」「お母さん」と呼ぶのは何故?

お母さん おふくろ

母親のことを「おふくろ」、また「お母さん」と呼ぶのは何故なのでしょうか?

まず、母親をおふくろと呼ぶ理由には諸説あります。
鎌倉・室町時代には、一家の主婦は家庭内で大きな権力をもっていて、財物(ざいぶつ)を入れた袋を持っていました。
ここから、一家の中心である女性を「おふくろさま」と呼ぶようになったといいます。

他には、母親の胎内で、胎児は胞衣(ほうい)という袋に包まれていますが、その様子から母親を「おふくろ」と呼んだという説もあります。

次に、「お母さん」と呼ぶ理由ですが、これは平安時代に上流階級の奥方が住んでいた「北の方」が語源とされています。
これに敬語の「御」をつけて「おかたさま」と呼び、これが変化して、現在の「おかあさん」になったのだといいます。

 

This entry was posted in 語源・由来. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*