優雅な花「ラン」の語源は、ギリシア語の「睾丸」から?

ランの花

高級花の代表格であるランは、英語で「orchid(オーキッド)」。
その語源は、ちょっと恥ずかしく、ギリシア語で男性の睾丸(こうがん)を意味する「オルキス」です。

ランは、根に2つの塊根(かいこん)をもっており、その様子が男性の睾丸そっくりなために、この名があります。
そして、この塊根には催淫作用(さいいんさよう)があると信じられており、媚薬(びやく)として売られていた時代もあります

 

This entry was posted in 語源・由来. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください