メールの「@」は「壺」に由来する?

 壺 アンフォラ amphora

メールアドレスの中に、必ず入っている「@(アットマーク)」。
このマークの由来には諸説ありますが、最も有力なのは、古代ギリシャで使われていた「壺(つぼ)」から来たという説です。

古代ギリシャでは、オリーブ油や葡萄(ぶどう)酒、穀物などさまざまなものが、両側に2つの取っ手がついた「(amphoraアンフォラ)」という壺に貯蔵されていました。
「@」のaとは、この頭文字に由来するといわれます。

ただ、このマークを「アットマーク」と呼んでいるのは日本だけで、英語では「アットサイン」、あるいはその形から「サイクロン」「スネイル(かたつもり)」と呼ばれています。

 

This entry was posted in 語源・由来. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください