ジーンズは、そもそも何故紺色をしている?

ジーンズ 姿で くつろぐ 女性

世界初のジーンズは、1850年代、ゴールドラッシュに沸くアメリカのカリフォルニア州で仕立て屋として働いていた、リーバイ・ストラウスによって作られました。

ストラウスは、当時労働者が履(は)いていたゴワゴワとしたズボンを、インディゴを使って、泥の汚れが一番目立たない濃紺(のうこん)に染めて販売しました。

インディゴはインド産の紺色の染料で、防虫効果に加えて、採鉱夫(さいこうふ)たちにとって最大の恐怖であったガラガラヘビを追い払う効果があると信じられていました。
これらのことから、このブルージーンズは大評判となったといいます。

ジーンズ姿で 歩く 女性

これが、ジーンズがそもそも何故紺色をしているのかという理由です。

 

This entry was posted in 語源・由来. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*