サンドバッグの中には、砂は1粒たりとも入っていない?

 ボクサー サンドバッグ

ボクシングやキックボクシング、空手の選手などが、練習のときに使うサンドバッグ。
「サンドバッグ」は、直訳すると「砂袋」となるので、当然砂が入っているのかと思います。

が実は、このサンドバッグの中には、砂は1粒たりとも入っていません。

ボクシング用品メーカーによれば、砂では、長く吊るしている間に、袋の底の部分の砂が固くなってしまうそうで、これを打つと手を傷めてしまうため、砂はサンドバッグの中身には向かないのです。

実際には、サンドバッグの中には、細くしたフェルトやメリヤス、ナイロン生地、スポンジなどが詰められています。

それでは、この袋を「サンドバッグ」と呼ぶのは何故なのでしょうか?

実は、このサンドバッグというのは和製英語なのです。
正しい英語は、

Punching Bag(パンチング バッグ)

です。

英語でSandbag(サンドバッグ)というと、文字通りSand(砂)の入ったBag(袋)という意味で、洪水(こうずい)をせき止めたりするときに使う土嚢袋(どのうぶくろ)を指します。

日本でのみ「サンドバッグ」と呼ぶようになったのは、1920年代に日本にボクシングが入ってきた際、当時の練習生が中に何をつめて良いのか分からず、砂を詰めたことに由来します。

が、間もなく砂では手首を痛めると分かり、中身を変えたのですが、名前だけがそのまま残ったというわけなのです。

ちなみに、「サンドバッグ」の中には、水や液体を入れた、いわば変わりもののサンドバッグも存在します。
これは、つめる物によって、重量・硬さを調整しているのです。

参考にしたサイト-Yahoo! 知恵袋
サンドバッグには本当に砂が入っているのですか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1212277912

 

This entry was posted in 語源・由来. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください