カボチャは「カンボジア」が訛ってできた言葉?

16世紀頃、日本に入ってきたカボチャは、カンボジア産ということで、当初「カボチャ瓜」と呼ばれ、それが訛(なま)って「カボチャ」と呼ばれるようになりました。

カボチャ

また、カボチャは漢字で南瓜と書きますが、これは「南蛮渡来の瓜」という意味です。

参考にしたサイト
カボチャ・南瓜(かぼちゃ)-語源由来辞典
http://gogen-allguide.com/ka/kabocha.html

 

This entry was posted in 語源・由来. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*