「贅沢」の語源は?

贅沢

贅沢の「贅」は、お金に代わって使用する宝貝(たからがい)に、「余分」「有り余る」の意味をもつ「敖(ゴウ)」を合わせてつくられた会意形成文字(かいいけいせいもじ)です。
贅沢の「沢」は、たたえた水を表わし、「つや」や「うるおい」を意味します。

これらの意味から、「贅沢」は近代より、必要な程度をこえて物事に金銭や物などを使う意味で使われるようになりました。

この「贅沢」という語は和製漢語で、また、「贅」は漢音で「セイ」、呉音では「セ」。
「ゼイ」と読むのは、日本の慣用音です。

参考にしたサイト
贅沢(ぜいたく) – 語源由来辞典
http://gogen-allguide.com/se/zeitaku.html

 

This entry was posted in 語源・由来. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*