「お茶を濁す」の語源は、安いお茶を上等な抹茶に見せかけることから?

抹茶

抹茶とは、お茶の新芽を蒸して乾燥させ、茎柄(ようへい)、葉脈(ようみゃく)を除いて茶臼でひいて粉にした、茶の湯に用いる粉茶です。
ひき茶ともいいます。

この抹茶は、かつては貴族や僧侶(そうりょ)だけが楽しむ、特別な飲み物でした。
室町時代以降は、庶民の間にもお茶が浸透(しんとう)していきましたが、それは抹茶ではなく、当然安価なお茶でした。

それを、何とか上等な抹茶に見せかけるため、お茶をかき混ぜ、濁(にご)らせたのです。

そこから、いい加減にその場を繕(つくろ)ってごまかすことを「お茶を濁す」というようになりました。

 

This entry was posted in 語源・由来. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*