目玉おやじは不死身?

目玉おやじ
写真は、こちらからお借りしました。

水木しげるの漫画「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する、鬼太郎の父・目玉おやじ。
眼球に体がついた姿で、身長9.9cm、体重33.25g、手のひらに乗るサイズという、異色(いしょく)のキャラクターです。
非常に頭が良く、いつも鬼太郎たちと行動をともにし、知識面でサポートする頼りになるおやじです。

さて、実は、目玉おやじは頭がいいだけではなく、誰よりも強靭(きょうじん)な肉体をもっています。
目玉おやじは、不死身(ふじみ)と言っても過言(かごん)ではありません。

それでは、どれだけ強靭なのでしょうか?

目玉おやじはこれまで、いつ死んでもおかしくないような危険な目に、何度もあってきました。
天ぷらにされて全身大やけどを負ったり、踏み潰(つぶ)されて紙のように薄くなったり、目玉部分を潰されたりと、生命にかかわるようなダメージを何度も受けてきました。
が、しばらくすると元通り。
決して、死ぬことはありません。

実は、目玉おやじは、今の姿になる前に一度死んでいます。

鬼太郎は、墓場に埋葬された目玉おやじの女房から生まれた? | 雑学とトリビアの杜

病死したものの、鬼太郎を守るために、自分の遺体(いたい)の目玉に魂を宿(やど)らせて、目玉のおやじとして復活(ふっかつ)したのです。

また、目玉おやじは、飲まず食わずで、10年間生きることも可能です。

かつて、地上を支配していた種族である幽霊族(ゆうれいぞく)の生き残りである目玉おやじ。
目玉おやじは生来、強い妖力(ようりょく)と霊力(れいりょく)をもった生き物なのです。

参考にしたサイト
目玉おやじ – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/目玉おやじ

 

This entry was posted in 漫画・アニメ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*